【職員研修】
3グループに分かれて、全職員さまにご体験いただきました! もみの木保育園太子堂 物井洋介園長先生

園長先生

「職員の感性を高めていくことは大切なこと。ダイアログの体験では、そうした気づきを得られたことが大きいですね」  三軒茶屋駅から徒歩1分というもみの木保育園には、木の温もりを取り入れたスウェーデン人デザイナーによるインテリアや、デンマーク製の遊具、そして土や植物など本物に触れることができる庭など、居心地のよい空間が広がっています。そこで働く保育士さんはもちろん、全職員のみなさまが3チームに分かれ、貸切ご利用でダイアログ・イン・ザ・ダークをご体験いただきました。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下DID)の貸切利用を職員研修として導入されようと思ったきっかけを教えてください。
 たまたま、ラジオでDIDのことを知って、面白そうだなと思っていたところ、当時高校生だった私の娘が、学校の研究会でDIDに行ったということで「すごく面白かったよ!」と教えてくれました。それで、娘と一緒にDIDに参加し、とてもよい体験だったので、これは職員みんなにぜひ体験してほしいなと感じました。もみの木保育園は稲城にもあり、当時はそちらにおりましたので、その年のうちに、全職員研修として導入させていただきました。太子堂は昨年(2012年)開園したばかりですが、こちらでもその年のうちに全職員に体験させました。
 DIDでは、本当に真っ暗な闇の中で、ふだん気づかないことに気づかされる。そして、思い出とか記憶とか、いろんな感覚が呼び覚まされる。「なんだか懐かしい匂いだな」と感じるような感覚があります。また、人との信頼感やチームワークが生まれることは、すごく面白いなと思いますね。
ご体験後、職員のみなさんの変化などは感じられましたか?
 今回は、同じ職場、みんな知っているメンバーで暗闇に入ったわけですが、それまで思っていたのとは違う、その人の一面を発見することができたようですね。それから、「声をかけることの重要性」を改めて感じたのではないでしょうか。「そんなこと言わなくてもわかっていると思っていたけど、実際はわかっていなかった」ようなことが、実際職場でも起こりがちです。でも、暗闇では、伝え合わなければ前に進めない。改めてコミュニケーションとは何なのかを考え直す場でもあったようです。
職場の風景1 職場の風景2
 保育の現場では、「食物アレルギー」対応にかなり気を遣っています。たとえば配膳の際、栄養士があるお子さんのパンを「これは食べてはいけないパンだ」と気づき、そのまま取り去った。配膳するほうは、パンが1つ足りないと思って、またそのパンを足してしまった。栄養士がひとこと言えば、あるいは配膳係も聞けばよかっただけなのに、「きっと〜だろう」と思ってしまう。それでは、事故につながりかねません。声をかけ合うことの必要性に気づかされたことは、大きいですね。
 保育園では、職員一人ひとりに負うところが本当に大きいんですよね。園の施設や環境も大切ですが、最終的には人的な環境が最も大切。職員自身が、いろんなことに感動できる心とか、コミュニケーションの大切さとか、そういう心をもっていないと、お子さんを育てるのは難しいことですよね。そういう意味でも、職員の感性を高めていくことは、とても大切なことです。
DIDは、どのような方にご利用いただくとよいと思われますか?
 親子でも、夫婦でも、お勧めでしょう。暗闇での体験をとおして、一緒に行った人をさらに知ることができる。ダイアログでは、ふだん気づかないことに気づくことができます。暗い中で、運命共同体のような関係になる。そして、なんとなくお互い優しくなれる。絶対おすすめです。
    〜ご体験されたみなさんのアンケートより〜
  • 「“触れ合うことや声で確認し合うこと。いつもは当たり前のことがこんなに安心することだとは思いませんでした。参加者全員ともチームワークがさらに結ばれ、また、視覚障害の方が困っていそうな時は、すぐに手を差し伸べたいと思いました」
  • 「人と声をかけ合いながら進んでいく、何かを実行することの何とも言えない心地よさ。すべて終えて“楽しかった”という感想は確かにあったものの、仲間と一つひとつ声をかけ合い、相手の気持ちや状況を思いながら動いていくことは、日頃からみんながやっていることなのではないか、とも気づきました。保育者って、いい仕事ですね」
【もみの木保育園 太子堂】http://www.mominoki.ed.jp
社会福祉法人聖愛学舎の5番目の保育園として2012年4月1日に開園。キリストの愛と奉仕の精神に基づき、こどもひとりひとりを大切に、その最善の利益と望ましい未来を第一に考えて保育を行なっている。
保育園の様子

【貸切利用 承っております】
ダイアログ・イン・ザ・ダークの暗闇を、時間枠の貸し切りでご利用いただけます。 学校や職場の仲間、あるいは家族や友人を集めて自分たちだけの特別な“暗闇体験”はいかがですか? 詳細・お申し込みはこちらから

東京外苑前会場

2017年5月分まで発売中!

東京会場の空席紹介・チケット購入

大阪会場「対話のある家」

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入はこちら

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入
ご支援のお願い
2017年3月24日