イベント
2018.06.07
大阪「対話のある家」第22回『僕たちの夏休み』★ご予約受付中★ 7月5日(木)~8月27日(月)

積水ハウス×ダイアログ・イン・ザ・ダーク
共創プログラム「対話のある家」
 グランフロント大阪内「スムフムラボ」で定期開催しているダイアログ・イン・ザ・ダーク「対話のある家」。参加者は「家族」となり、「まっくらなお家」で対話を楽しみます。2013年4月のOPEN以来、16,000人以上のお客様にご体験いただいています。

これから開催されるプログラム(ご予約受付中です)
対話のある家、夏休みプログラム

開催概要

■開催日時:2018年7月5日(木)~8月27日(月)
 ※火曜・水曜定休
【時間】11:00〜 12:30〜 14:00〜 15:30〜 17:00〜 (各回70分程度)

■参加費:
大人:3,500円  学生:2,500円  小学生:1,500円

■開催場所:
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル4階 積水ハウス「SUMUFUMULAB」内
http://kc-i.jp/access/

■チケット:
以下より事前予約制

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入

※お申込みに際しての次の注意事項のページをお読みいただいてから、ご購入ページへとお進みください。

自由研究応援企画!点字教室つきの回を特別に開催します

自由研究応援企画 触れる、感じる、見えてくる 夏休みくらやみ教室

親子で「僕たちの夏休み」をご体験いただいた後、「点字板」と「点筆」を使って点字を打つワークショップに挑戦。暗闇を案内したアテンドと一緒に点字作品を作ります。自由研究にもぴったり。

■開催日時:
7月21日(土)、22日(日)、23日(月)、
   28日(土)、29日(日)、30日(月)
8月  4日(土)、 5日(日)、 6日(月)、11日(土・祝)、
   13日(月)、18日(土)、19日(日)、20日(月)
*各日すべて 12:30スタートの回
 (「僕たちの夏休み」プログラム+点字体験/所要時間約90分)

■参加費:
大人:4,000円 学生:3,000円 小学生:2,000円

■チケット:
以下より事前予約制

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入
※点字教室つきのプログラムをお申し込みの際には「★」マークのついた日時を選択し、
ご予約ください。それ以外の日程は、「僕たちの夏休み」プログラムのみとなります。

人が感じる「心地よさ」というのは、視覚情報のみから得られるものではありません。例えば、家具や衣服もデザインなどの見た目だけではなく、触覚などの身体感覚から得る触り心地の良さなどが、大きく影響を与えています。DID「対話のある家」では、真っ暗闇で視覚に頼らない体験を通じて、普段は気付かない感覚の使い方や自身の好みなど、様々な発見があります。私たちにはない能力を持つ暗闇のエキスパートであるアテンドとの交流も大変興味深いです。

脳科学者 茂木健一郎氏

これまでの「対話のある家」体験者の声

  • なにがあるのか分からないし、知らない人とだったからどうなるか心配だった。でも話せば話すほどいっしょにいればいるほど帰りたくなかった。くらい所だからこそ話せることや、くらい所の方が、知らない人との会話が大きくなった。知らない人とも話せるから家はいいなと思った。とてもおもしろかったから、また機会があれば参加したい。(男性 10歳)
  • 私は「空気を読む」って嫌な言葉だなって実は思っていて、表情とかジェスチャーとか非言語のコミュニケーションで「読み取らなければならない」ストレスがなくて良いと思っていたのに、案外自分がそういう目で見えるものに頼っていたのだと気が付きました。私も「ハイ」って返事せずうなずくだけだったり、案外声って発してないなぁと。サイダーをあけて、氷の入ったグラスに注ぐ音があまりにも夏らしくて良かった。(女性 37歳)
  • 「心」で感じ取ることが純粋に必要であると思い、大変貴重な経験をさせていただ
    いた。家族の温かさ、大切さも改めて実感した。暗い中でも安心を感じられるものは何か?を少し気づいた気がする。(男性 39歳)
  • 暗くなってしまうと何もできないと思っていましたが、見えないからこそ聞こえる音があり、とても良かったです。見方を変えるだけで、家の中でも「わくわく」がたくさんあると分かった。(女性 13歳)
  • 普段一人で生活しているので家に「ただいまー」と入っていくことがなく、久しぶりにそんな感覚を味わったなと思いました。暗闇のお家、何も見えないけれどくつろげる家だった。線香花火がとてもきれいだった。目に見える様でした。扉の感触、畳や柱や机などなど、普段あたりまえにあるものの質感がとても印象深くて楽しかったです。(女性 36歳)
  • 暗闇に入ると普段自分たちがいかに不必要なものに囲まれて生きているかを感じることがあった。目が見えないことが不幸とは限らない。考え方次第。(男性)
  • 普段の何気ない行動、暗闇の中では全く別のものでした。今回の体験の中で、珍しいことは何一つしておりません。環境が変化するだけで、驚くべき程に感じ方が変わり、素敵な体験となりました。(男性)

ご案内

■「対話のある家」体験/チケットに関するお問い合わせ先
0120-39-9683 (11:00~18:00 ※土曜日・日曜日・祝日を除く)
■当日お問い合わせ先
06-6485-7590(10:00~19:00 ※水曜日を除く)
大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入

※お申込みに際して次の注意事項のページをお読みいただいてから、ご購入ページへとお進みください。

前に戻る 
 

Tokyo Diversity Lab.

  

企業・団体研修

“企業・団体研修案内”
 

大阪会場「対話のある家」

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入はこちら

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入
ダイアログオリジナルグッズ ご支援のお願い ダイアログ・イン・サイレンス
2018年6月23日